堀田製作所

             
      ご使用上の注意

  *「踏込式・三輪車」の場合 何時でも気をつけて頂きたい事*

●タイヤに空気を硬めに入れる。(車輪を足で踏んでみる。タイヤの凹みが五分の一以内がよい。)

●チェーンとフリーギアが少しでも赤みを帯びたら、スプレー式の油を振りかける。

●バッテリー付の場合は、液が適量であるか、また充電も完璧かを確認す   る。(メンテナンスフリーのバッテ
リーの場合は、補充液の心配はございません。)

上記三点に注意して頂きますと、ほとんどの不具合が、直り正常になります。


●直線コースでは、悪路で無い限り スピードを上げても心配なく走れます   が、カーブが近づいたら、必ずス
ピードを歩く速さ(4km以内)に落として  から、ハンドルを切って下さい。

●小回りでUターンをする時は、道路の左側に必ず一旦停止してから ゆっ  くりと右回りして下さい。上半身
を右側に少々傾けますと 最高の安定感  で、Uターン出来ます。

●段差の上り下りは(5cm以内)直角に進入して下さい。
 
 

●ペタルの踏み方を連続して上下しますと、すぐ疲れてしまいますので、しっ   かり踏んだら(下側にペタルを
踏みつけて一・ニと数えてから足をあげてすぐ踏み込み、又 一・ニと数えてから足を上げるのです、この繰り返
しで踏むと、長距離 走り続けても疲れる事がありません。但し少々のスピード、約6km位、を出してから実行す
る事が効果的です。
  一拍休む踏み方を会得して下さい。

●補助モーター付の場合は、最高スピードが6kmなので、スピードを上げる  ことなく最高の状態からの踏込
みが可能です。

おおよその説明ですが、実行する事で 良い走行が期待できます。


次のような条件や場所での走行は危険です。避けるか又は、介助者の助けを借りるように心が
けてください。
 ●ぬかるみ。ひどい凹凸路面。砂利道。段差や路肩等。
 ●雨天。降雪時。凍結時。 ●人込みや雑踏の中。
 ●交通の激しい道路、踏切等。 ●急な坂道(8度以上)。
                  
戻る
戻る



堀田製作所 ラクラックーン